10月11日(木)自立援助ホームみどりヶ丘 講演とシンポジュウム

<趣旨>
みどりヶ丘は、家庭の基盤がぜい弱な子どもたちの社会的自立を支援するために山形県初の自立援助ホームとして設立したが、社会的養護の関係者・機関に十分認知されているとは言えず、この度講演会とシンポジュウムを開催することとした。社会的養護の関係者に広く認知され、協働・連携をはかることにより社会的養護を必要とする子どもたちの福祉に寄与するものと考えられる。
日時  2018年10月11日(木)13時30分から16時30分
場所  山形市保健センター視聴覚室(山形市城南町1丁目1番1号霞城セントラル3階)
主催  特定非営利活動法人 山形の社会的養護を考える会
後援  全国自立援助ホーム協議会 山形県児童養護施設協議会


<プログラム>
13:30 開会 開会挨拶
13:35 「自立援助ホームの歴史とみどりヶ丘の今」 法人代表理事 佐久間 美智雄
13:50 講演「自立援助ホームの社会的役割」
     高橋 一正 氏(北海道自立援助ホーム ふくろうの家)
14:30 シンポジュウム 第一部  司会進行 高橋 一正 氏
     シンポジスト ト蔵 康行 氏(日本ファミリーホーム協議会 会長
     宮城県なごみの会<里親会>会長)
     荒 井 聡 氏(児童養護施設双葉荘 荘長)
     野原 知子 氏(栃木県自立援助ホーム マルコの家ホーム長)
15:10 休憩
15:20 シンポジュウム 第二部
16:30 閉会
17:00~19:00 情報交換会

申し込み締切 2018年9月28日(金)

申し込み方法 別紙申し込み書に必要事項を記入の上、メールもしくは FAX にてお申し込みください。(先着100名にて締め切らせていただきます)
申し込み先:自立援助ホームみどりヶ丘  FAX:023-674-9411 
      e-mail:m_sakuma@t-bunkyo.jp

<情報交換会>
シンポジュウムの後、17時より情報交換会を予定しております。
参加費は3000円となり当日受付時に徴収させていただきます。
場所は「日本海庄や 山形駅前店」(山形県山形市幸町5-22)となります。