やまがた桜めぐり(2006年4月)

置賜桜回廊 鶴岡公園 霞城公園 馬見ヶ崎川桜並木
 
トップページ
> 特集・やまがた桜めぐり(2006/4)
 
 
4月と言えば「桜」。日本中が薄桃色に染まる季節がやってきました。山形県の開花予想は4月15日から。皆さんがこのページを見ている頃は、山形も薄桃色の美しい景色となっていることでしょう。
今回は、数ある山形の桜の名所のなかから、置賜桜回廊、鶴岡公園、霞城公園、馬見ヶ崎川桜並木をご紹介します。
置賜桜回廊と鶴岡公園は、開花前の様子を取材して来ました。
 

 

今年の開花予想は、4月21日頃。
置賜桜回廊の詳しい地図はこちらをご覧ください。
置賜さくら回廊観光推進会議HP
 


 置賜桜回廊は、南陽市赤湯を起点に長井市を通り、白鷹町荒砥までナント43kmも続きます。
 そこには、樹齢120年から1200年という有名どころをはじめ、たくさんの桜の木が、伝説とともに点在するところです。日本のさくら名所100選の「烏帽子山千本」、国指定天然記念物「久保桜」、県指定天然記念物「草岡の大明神桜」「薬師桜」などの銘木からは、歴史の深さを感じさせられます。
 この回廊をめぐる時、その数の多さと、手入れの行き届いている姿から、桜の美しさとともに、地域の人々の桜への愛情の深さと、共に生きてきた時間を感じ取ることが出来ることでしょう。
 
     
 
今回は白鷹町荒砥からめぐります。最上川にかかるのは「フラワー長井線」
 
回廊めぐりの最初に出会った正念寺の丈六地蔵に交通安全を祈願。
 
これが十二の桜です。田んぼの真ん中に寄り添うように立っていました。
 
「釜の越桜」は公園になっています。桜の季節には売店やお芝居の上演も!
 
 
 
「釜の越桜」です!樹齢800年のこの貫禄。花をつける姿を早く見みたい!
 
見て見て。こんなところにも桜の花が。色もうっすらピンク色でした。
 
次に向かったのは「薬師桜」。バス停もこんなかわいい桜の絵。
 
見て、この幹の太さを。坂上田村麻呂が手植えしたものだそうです。
 
                 
 
「久保桜」の入口にはこんな看板が。花の時期には語り侍が参上するとか。
 
おみごと!伊沢沢の久保桜です。パンフレットのメイン写真にもなっています。
 
すっかりお祭りの準備が整った会場。あとは桜が咲くのを待つだけ!
 
売店の屋根に「久保桜保存会」の文字が。人々に愛され大切にされているのですね。
 
 
 
回廊の起点となる烏帽子山。約1000本の桜があります。駐車場もばっちり完備。
 
継ぎ目のない石造り日本一の大鳥居です。まわりに桜の木がたくさんあります。
 
この日の桜のつぼみをアップで見てみると・・・。う?ん、まだまだかな?
 
赤湯温泉街の高台にある公園で、見晴らしも最高です。夜桜も楽しめます。
 


    釜の越桜

エドヒガンザクラで、樹齢800年。
八幡太郎義家が居陣したときに、この木の脇にある巨石でかまどを築き、兵糧を炊いたという伝説が残されている。
開花時にはライトアップや売店が出るほか、200年の歴史がある地元の高玉芝居の上演もある。駐車場完備。
 
    薬師桜  (県指定天然記念物)

薬師堂の境内にあり、樹齢1200年、幹の太さは8m。
よじれながらのびている太い幹と、大きく手を広げるように伸びる枝の姿には、力強い美しさを感じる。
坂上田村麻呂が奥州征伐の際に手植えした、との言い伝えが残っている。樹種はエドヒガンザクラ。道路沿いの一角にある。
 
    草岡の大明神桜  (国指定天然記念物)

伊達政宗が14?15歳の頃、鮎貝の合戦に初陣として加わった際、戦いに敗れこの桜の洞に隠れて難をのがれた。
そこで、後に家臣を遣わして保護にあたらせた、という伝説が残っている。
伊佐沢の久保桜よりも大きな桜で、幹周10.91mは日本で2番目に大きい。駐車場完備。
 
    伊佐沢の久保桜  (国指定天然記念物)

坂上田村麻呂が蝦夷征討の際にこの地に立ち寄った際、地元豪族の娘お玉と思慕の仲になった。坂上田村麻呂の帰国後お玉が亡くなったので、桜を送り植えさせたのが久保桜である、という伝説がある。
樹齢は推定1200年。天保・弘化時代には、枝が四反歩(約四千平方メートル)に広がり、「四反桜」の名で親しまれていた。
駐車場完備。トイレ、売店あり。4月15日?30日の土・日に語り侍参上。ライトアップ、イベント有り。
 
    烏帽子山千本桜  (日本のさくら名所100選の地)

明治初期に作られた温泉街の高台の公園には、樹齢約120年のソメイヨシノ、シダレザクラ、カズミザクラなど25種類ほどの桜が約1000本あり、長期間お花見が楽しめる。
夜桜の名所。置賜桜回廊の起点。駐車場完備。売店有り。
 

※桜の季節は混雑が予想されます。(土・日)各自治体では、万全の受入体制を整えておりますが、
 お時間に余裕をもってお越し下さい。

 
伊佐沢念佛踊り
400年間地域の人々によって守り継がれてきた祈りの民族文化です。
日時:4月22日(土) 19:30?
場所:長井市伊佐沢小学校校庭 (雨天時動体育館)
問合せ: 伊佐沢地区公民館 TEL0238-88-2444
 
※ 高玉芝居上演
地域に200年間守り続けられてきた地芝居
日時:4月22日(土) 18:30?
場所:釜の越農村公園(雨天時変更有り)
問合せ: 白鷹観光協会 TEL0238-86-0086
 
 
 
大観桜会
おいしい料理に舌鼓をうちながらのお花見会
日時:4月23日(日)18:00?
場所:南陽市烏帽子山公園
チケット制:お一人2000円
予約・問合せ:EST!(エスト) TEL 0238-43-6006
  置賜桜回廊

置賜さくら回廊観光推進会議
〒999-2241 南陽市郡山番外地(JR赤湯駅内)
TEL:0238-40-2002 FAX:0238-43-7310
http://www1.shirataka.or.jp/sakura/index.html
 

 
 


 庄内藩鶴ヶ岡城跡、鶴岡公園には、ソメイヨシノなど約800本の桜が植えられています。
 花見ぼんぼりの明かりで楽しむ夜桜や、お堀のの水面に写る桜並木が美しく、日本の桜の名所100選にも選ばれているほどです。
 開花予想は4月15日頃です。
 
     
 
鶴岡公園のお堀の様子。ここに写る桜はさぞきれいなことでしょう。
 
この日は花見ぼんぼりの準備の真っ最中でした。ひとつひとつ、手作業で進みます。
 
桜のつぼみの様子です。観光連盟のHPには桜の様子のライブカメラがありますよ。
 
夜桜用の電球も取り付けられていました。お花見はもうすぐですね。
 
 
 
桜発見!と思いきや、かわいらしい紅梅のお出迎えでした。うれしい!
 
おっと、ここも藤沢周平の作品のゆかりの地なのですね。
 
白い建物は鶴岡市のシンボルともいえる致動博物館です。元庄内藩主の御用屋敷。
 
致動博物館にすてきなお店発見!早速突撃。
 
                 
 
三味庵さんです。入り口の桜がお出迎え。きゃ?。
 
山ぶどうジュースです。はちみつを入れながら、召し上がれ。
 
だだちゃ豆タルトセット。650円。だだちゃ豆がぎっしり!美味。
 
一日限定10食のお花見膳も。この日は売り切れ。残念・・・。
 
 
 
お花見茶会
和菓子職人が会場で作った出来立ての和菓子の中から、お好きなものが食べられます。お菓子作り体験も出来ます。
日時:4月15日(土)・16日(日)12:00?15:00
場所:荘内神社境内(雨天時は斎館内)
料金: 当日 500円
 
短歌大会
締め切り 5月1日
兼題:鶴岡公園の桜(未発表のもの)
投票先:荘内神社投票箱もしくは鶴岡市観光物産課内事務局
 
 
 
写真コンテスト
締め切り 5月31日
テーマ:鶴岡公園の桜、内川の桜、赤川堤の桜(未発表のもの)
サイズ:四つ切(ワイド可)組写真可
応募先:鶴岡市観光物産課内事務局
  鶴岡公園
鶴岡市観光連盟 (鶴岡市観光物産課内)
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9-25
TEL 0235-25-2111(代)  FAX 0235-25-7111
http://www.tsuruokakanko.com/

三味庵
鶴岡市家中新町10−18
TEL &FAX 0235-24-3632
 

 
 


 山形市内の東側を流れる馬見ケ崎川。市民の憩いの場であり、秋はいも煮会のメッカでもあります。
 その川沿い両側に約2.6kmにわたっての約200本のソメイヨシノの桜並木があります。川風に吹かれながら見る、薄桃色の景色は最高です。
 開花期間中はライトアップしますので、夜桜もぜひご覧下さい。ライトに浮び上がった桜並木は、昼間とはまた違って、幻想的な風景です。
 
     

 
 


 山形駅から徒歩15分ほどのところにある、山形城跡二の丸。
 園内には野球場、テニスコートと市民が使用できる施設の他に、最上義光歴史館、山形郷土館などの資料館もあります。
 ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヒガンザクラなど、約1500本の桜が咲き誇る名所として、親しまれています。
 園内では桜の開花にあわせて、ライトアップや多数のイベントが催されます。園内地図はこちらのページをご覧ください。
山形市観光協会HP
霞城公園でのイベントはこちらです。
 
     
 
山めん寒ざらしそば献上式
日時:4月22日(土)14:30?
場所:最上義光公銅像前
 
山形城本丸一文字紋石垣おひろめ式
日時:4月22日(土)15:00?
場所:山形城本丸
 
 
 
山形城本丸一文字門石垣復原見学会
日時:4月22日(土)15:00?20:00
   4月23日(日)10:00?20:00
 
風流花見流し
日時:4月22日(土)23日(日)19:00?20:30
場所:南門付近特設観覧席
 各自敷物をご持参下さい。
 
 
 
大茶会(無料)
4月22日(土)12:00?   23日(日)11:00?
お茶がなくなり次第終了
 
大骨董市
日時:4月22日(土)23日(日)10:00?
場所:山形美術館前
 
 
      馬見ヶ崎さくらライン  霞城公園

山形市観光協会
〒990-8580 山形市城南町1-16-1霞城セントラルビル1階
TEL 023-647-2266 FAX 023-647-2267
http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/db/