このページを印刷する

[郷土料理レシピ]麩のかわり煮

さくらんぼ「佐藤錦」のふるさと東根市は、麩の名産地。かつては羽州街道の宿場町として栄え、当時から清らかな水と小麦の産地であったことから麩づくりが始まりました。
[郷土料理レシピ]麩のかわり煮
材料
●切り麩/50g  ●片栗粉/1カップ ●唐辛子粉/少々
●牛乳/400cc  ●醤油/大さじ5  ●ショウガ汁/小さじ1
●砂糖/大さじ3 ●水/2カップ   ●白ゴマ/少々
●塩/小さじ1/2 ●酒/大さじ3   ●揚げ油
●卵/2個    ●みりん/少々

作り方
1.砂糖と塩を入れた牛乳に麩を10分位、型くず れしないようにひたす。麩の中心部が軟らかくなったら軽くしぼり、2cmの輪切りにして卵、片栗粉の順につけて、低温の油で揚げる。
2.醤油、水、酒、みりん、唐辛子粉、ショウガ汁を混ぜ、さっと煮立てる。
3.2に1を入れ、形がくずれないようにからませる。
4.3に白ゴマを少々振り、器に盛りつける。

良質の水と小麦を使った麩には、植物性タンパク質がたっぷり。
モチモチとした食感がクセになる。

さくらんぼ「佐藤錦」のふるさと東根市は、麩の名産地でもあります。かつては羽州街道の宿場町として栄え、当時から清らかな水と小麦の産地であったことから麩づくりが始まりました。今でも東根六田の麩料理・麩懐石は高い評価を得ています。山形にはほかにも庄内地域に、旧松山藩の奨励で盛んになった庄内麩の特産地があります。
 麩は良質の植物性タンパク質が豊富な健康食品として注目されています。煮物やみそ汁の具として使われるほか、揚げ物や和え物、生麩の刺身などでも食べられる幅の広い食材です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【出典】やまがた郷土料理探訪
 山形県グリーン・ツーリズム推進協議会 編集、(株)大風印刷発行、1冊:1,200円

[PR]