このページを印刷する

月のカケラ

JAZZやシャンソン・映画音楽・パリミュゼットや、日本の童謡民謡まで、曲によって現代的なアレンジも加えつつ、フランスの街角で見かけるようなスタイルで演奏しております。パーティーやレストランでのミニライブ、ストリート演奏のほか、またホスピタルコンサートや福祉施設での演奏なども精力的に行っています。
月のカケラ
【音楽グループ】月のカケラ

メンバーは、アコーディオンの「U-ko」  ギターの「きてい」です。
 
「U-ko」は,アコーディオン弾き。 アンティークな楽器でありながら、哀愁が有り、時に情熱的な力強い音も奏でます。小柄な彼女が抱える大きなアコーディオンのジャバラからは、欧州の香りが次々と溢れ出て、どこか懐かしくも ある意味新鮮な印象を受けることでしょう。
 
一方、 ギターの「きてい」はJAZZギタリストまたベーシスト でもあり、さまざまなイベント・コンサート・ライブ等で高い評価をされております。国民文化祭や山形国際ジャズフェスなどでの演奏経験もありますが、このユニットにおいては、ラテンやボサノバ・ジプシーJAZZなど多彩なリズムアレンジメントや、カラフルな編曲を楽曲に施し、様々なプレイスタイルでギターを奏でます。
 
皆様おなじみの曲がこれほどまでにオシャレで楽しい曲になってしまうというマジックも お楽しみください。
 
<月のカケラの代表的な演奏曲>
パリの空の下・男と女・リベルタンゴ・情熱大陸・スタイルミュゼット・ハウルの動く城・A列車でいこう他・・
ウッドなベースのギター弾き  http://blog.goo.ne.jp/jazzkitei/

[PR]