このページを印刷する

[郷土料理レシピ]五目ぶかし

山の幸をふんだんに使った山形流おこわ。もち米を蒸しあげたものがおこわです。山形では蒸すことを「ふかす」というので、おこわのことを「おふかし」といいます。
五目ぶかし
材料
●もち米/1升   ●干し椎茸/5枚 ●砂糖/大さじ2
●糸コンニャク/1袋●酒/1/2カップ ●水/1カップ
●人参/120g    (具の調味料)   ●油/大さじ2
●ゴボウ/150g   ●醤油/130cc   ●みりん/大さじ2
●油揚げ/3枚   ●酒/50cc

作り方
1.もち米は洗って一晩水にひたす。
2.ゴボウ、人参、油揚げ、もどした椎茸は3cmのせん切りにする。糸コンニャクも3cmに切り、熱湯をかける。
3.(具の調味料)でに2を煮る。
4.もち米は水をきり、蒸し器で蒸す。
5.米がつぶれる位になったら、いったんボールにあげ、酒1/2カップを振りかけ、具と汁を混ぜ合わせる。
6.もう一度蒸し器にもどして蒸す。

ぜんまい、栗、しめじなど  山形ならではの季節の具が楽しい。

山の幸をふんだんに 使った山形流おこわ。
もち米を蒸しあげたものがおこわです。

山形では蒸すことを「ふかす」というので、おこわのことを「おふかし」といいます。


 五目の具としては、糸コンニャク、人参、ゴボウ、油揚げ、干し椎茸などを使うのが一般的ですが、山形では干しぜんまい、栗、しめじなど、季節の山の幸も豊富に使われます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【出典】やまがた郷土料理探訪
 山形県グリーン・ツーリズム推進協議会 編集、(株)大風印刷発行、1冊:1,200円

[PR]