このページを印刷する

[郷土料理レシピ]山菜の天ぷら

新鮮な山菜を天ぷらにするときは、アク抜きはする必要なし。山菜独特の風味を、衣に包み込んで。
山菜の天ぷら

材料
●大根(おろし)/1/2カップ
●たらの芽/4本 ●水/1/2カップ
●月山筍/4本  ●揚げ油
●うど/1本   ●ダシ汁/1カップ
●小麦粉/50g  ●醤油/大さじ3
●卵1/2個    ●みりん/大さじ3

作り方
1.月山筍は立てに浅く切れ目を入れ皮をむき、節の固い所を切り落とす。
2.たらの芽、うどは洗って、乾いたふきんで拭く。
3.小麦粉、卵、水で天ぷらの衣を作る。
4.山菜に小麦粉をふり、衣をつけて、油でからりと揚げる。
5.ダシ汁、醤油、みりんを合わせ、火にかけ煮立てて、天つゆを作る。
6.大根おろしを添える。
●その他、ふきのとう、こごみ、こしあぶら、ドホイナなどが天ぷらに向く。
●天ぷらにするときはアク抜きしなくともよい。


新鮮な山菜を天ぷらにするときは、アク抜きはする必要なし。

山菜独特の風味を、衣に包み込んで。
こごみ、たらの芽専、こしあぶら、うど、ふきのとう、わらび、しどけ、たけのこ…。
春は山の恵みに感謝しつつ山菜料理をいただきます。
 新鮮な山菜は天ぷらにするのが手軽で美味しい食べ方です。特に香りの強いものは、天ぷらにすることで、食欲をそそる風味を辺りに漂わせます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【出典】やまがた郷土料理探訪
 山形県グリーン・ツーリズム推進協議会 編集、(株)大風印刷発行、1冊:1,200円

[PR]