このページを印刷する

【WebRadio:まんじゃーれ】やまがたマイ箸クラブさんを紹介します!

使い捨て生活を見直す第一歩として環境にやさしいマイ箸運動を実行してみませんか?自分専用のマイ箸を持つ文化は、世界中を見ても日本だけだそうです。携帯電話のようにマイ箸を持ち歩く文化を、「もったいない」という言葉とともに、世界に発信していきたいものです。
*やまがたマイ箸クラブ事務局 水沢さんと松田さん
やまがたマイ箸クラブ事務局 水沢さんと松田さん

【Webラジオ】「今田裕美子と話そう:まんじゃ〜れ」
※再生にはWindowsMediaPlayerが必要です。

<再生> 6回目: やまがたマイ箸クラブさんを紹介します!


 数分使ってゴミになってしまう中国、東南アジア製の割り箸を使わず、洗っても何度でも使えるマイ箸を持ち歩くことで、ゴミを減らし、森林伐採を少しでも食い止め、地球環境と豊かな自然環境を守るエコ運動を推進しています。

 やまがたマイ箸クラブでは、すべて割り箸がすべて悪いと言っておりません。どうしても必要であれば、国産間伐材の割り箸を推奨しています。国産間伐材の積極的な利用を通じて山村を活性化し、二酸化炭素(CO2)をたっぷり吸収する元気な森林づくりと資源の有効活用が出来るからです。
  使い捨てのライフスタイルを見直しながら、自らができる範囲の中で行動を起こし、一人でも多くの仲間を増やして広げていく。草の根的でも息の長い地道なエコ活動を展開していく事で、かけがえのない地球環境と豊かな自然環境を守り、次世代に繋げていきたいと考えます。

  オリジナルマイ箸入れの製作を地域福祉施設に委託し、障がい者の方々が地域で「働く」・「暮らす」ための応援をします。誰かがささえて、助けてくれている。それは障がいのある方でも健常者でも同じこと。みんなが、自分の人生を輝いて生きていけるように、いろんな思いが実現できますように地域福祉社会の増進に役立ちたいと思います。

【WebRadio:まんじゃーれ】やまがたマイ箸クラブさんを紹介します!

[PR]