このページを印刷する

寒ダラのミルク煮

寒ダラのミルク煮

(材料:二人分)  
 タラ       切り身なら2枚
 カブ       小サイズなら6等分
 ハクサイ    縦に切り、巻いて一口大にする
 ネギ       一口大
 チンゲン菜   4つ裂き
 生ハム     適量(ベーコンでもOK)
 牛乳       200〜300ml
 オリーブオイル 大さじ3(サラダオイルでも良い)
 塩、コショウ   少々
 小麦粉      適量
 白ワイン     少々

  

  

  

(つくりかた)

1.タラは一口大に切って、白ワインと塩を振って少し置く。
2.冬野菜(カブ、ハクサイ、ネギ、チンゲン菜)は軽くボイル(又はレンジで加熱)し、水気を取り、たっぷりのオリーブオイル(大さじ3杯)で色が少し付くくらいに焼く。
3.タラにコショウを振り、生ハムで形が崩れないように巻く。小麦粉をまぶし、粉を軽く落として、野菜を取り出したあとのオリーブオイルでこんがり焼く。
4.野菜類を牛乳で煮込む。
5.煮込みの中にソテーしたタラを入れて煮る。
6.煮立たせず、弱火でグツグツ煮る。
7.シチューのように皿に盛り、好みで粒マスタード、パセリを添える。


(ワンポイント)

 一度フライパンで焼くことで、味が牛乳と馴染みやすくなります。
 生ハムを使うと、タラの身割れを防ぎ、スープにしっかり塩味と香ばしさを出せます。
 牛乳の泡が出ないよう、静かに煮ます。

                                     庄内浜文化伝道師  佐藤 かおり (長野県上田市)

[PR]