このページを印刷する

[郷土料理レシピ]うこぎごはん

炊きたてのごはんにうこぎとゴマを合わせて春の香りを食卓に。
代表地区:置賜
うこぎごはん
[材 料]
●うるち米/3カップ 
●クルミまたはごま/30g
●もち米/1/2カップ 
●塩/少々
●水/750cc
●酒/大さじ2
●うこぎ/100g

[作り方]
1.米はよく研いでおく。水に30分つけてから、分量の水、酒、塩を加えて炊きあげる。
2.うこぎは洗って、塩を加えて色よく茹で、水にとる。
3.2を固くしぼり、荒みじん切りにする。
4.1のごはんの中に③と、クルミ又はゴマを合わせる。

★ うこぎ ★
上杉鷹山公は、米沢・上杉藩の厳しい財政を立て直し、新しい産業を興した名君です。鷹山公は家の垣根にうこぎを植えることを奨励しました。うこぎはトゲがあるので防犯に役立つと同時に、その芽は食用になるのです。
 深く積もった雪が解け、春の気配が漂ってくると、垣根から鮮やかな緑色の新芽が芽吹き始めます。その芯を摘んでごはんに混ぜ込んだり、焼味噌と共に切り和えにしたりして、春の香りを食卓にのせるのです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【出典】やまがた郷土料理探訪
 山形県グリーン・ツーリズム推進協議会 編集、(株)大風印刷発行、1冊:1,200円

[PR]