このページを印刷する

10月29日(土)みんなに読む喜びと楽しさを伝えよう

障害があるために、紙の本では続むことが難しい子どもたちが大勢います。

読書バリアフリー研究会
~みんなに読む喜びと楽しさを伝えよう~

伊藤忠記念財団は、そのような子どもたちへの読書支援を目的に、児童書を電子化(マルチメディアDAISY規格)し、全国の特別支援学校などへ配布する事業を実施しています。
さて、特別支援教育を受ける子どもたちは、年々増加しています。しかし子どもたちの読書環境の整備はまだまだこれからです。今、電子図書などの支援媒体の充実とともに、障害のある子どもたちへ読む楽しさを握供できる人材の賛成が求められています。
そこでこの講座では、読むための障害となるさまざまな原因と、それを解消するために有効なな媒体、支援方法について学び、読書支援ができる人材の賛成を目指して実施します。
「僕も続めた!」「私の好きな本を見つけた!」さまざまな理由で、これまで読書を諦めていた子どもたちの「笑顔」を創るために、ぜひこの研究会をご活用下さい。

<日程、会場>
平成28年10月29日(土)午前10時から午後4時
山形県立図書館遊学館第1研修室(山形市緑町1-2-36)

みんなに読む喜びと楽しさを伝えよう(PDF)

主催:公益財団法人伊藤忠配念財団
協力: 山形県立図書館
後援: 文部科学省山形県教育委員会、公益社団法人全国学校図書館協強会

10月29日(土)みんなに読む喜びと楽しさを伝えよう

[PR]