このページを印刷する

やまがた冬の味覚(特集12〜1月)

 
トップページ
> 特集2006.12月?2007.1月 やまがた冬の味覚 
 
 


今年も、またさむ?い冬がやってきました。雪国山形の冬は、おいしいものがた?くさん!
yamagata1一押しのおいしい味覚、あなたもいかが?

県産ワインめぐり | 郷土料理を味わう | 食のイベント情報

 

山形は全国有数のぶどうの産地です。
ぶどうと言えば、やっぱり「ワイン」。年末から年始にかけて、乾杯する機会も多いのではないでしょうか。
じつは山形は、ワイン作りの日本三大産地のひとつ。県内のワイナリーはなんと11件もあります。
今回は、有数のワイナリーの中から、「高畠ワイナリー」さんに、お邪魔しました。

 
 
■■高畠ワイナリー■■
     
 
こちらが、まほろばの里高畠町にある「高畠ワイナリー」
 
コルクの樹皮。この側面からコルクをつくるんですって!
 
ガラス越しに見えるのは品質管理室です。理科の実験室みたい
 

品質管理の真っ最中。
 
         
 
スパークリングワインの工程です。ラベルを貼る準備をしています。
 
こちらは貼る「ラベル」の準備です。前と後ろのラベルが機械で同時に貼られます。
 
見て見て!ラベルが貼られる瞬間です。
 
箱詰めの機械です。その名も「ロボットケーサー!」カッコいい
 
         
 
スパークリングワインは手詰めでした。ビンにきをつけて慎重に…
 
こちらは箱の組み立てロボット。パッと開いてポンと組み立て。
 
ワインの貯蔵タンクです。大きさがわかる?見学はすべてこのように窓越しでできます。
 

地下のワイン室。この樽の中でおいしく、おいしくなっていくのね。楽しみ!

 
         
 
見学が終わったら、お楽しみの試飲コーナーへ!!右手のほろ馬車には試飲用グラスが…。
 
試飲用の樽です。運転者の方、未成年者は試飲は×。マナーを守りましょうね。
 
…ということで、運転者以外は試飲のはじまり!う?ん、おいしそうです。
 

お酒が飲めない方はこちら。「フルーツジュース」ワイナリー限定品ですよ!

 
         
 
「ピノブラック」。焼き魚なんかにも合うすっきり系です。
 
「樹氷のしずく」。甘口なのでソーダ割りもOK。ワイナリー限定品。
 
こちらにワイングッズコーナー発見です!
 

これはシャンパンの栓を安全にあける道具なんですって。

 
         
 
かわいい小物発見!!なんだかわかりますか?
 
ワインの栓でした。ボトルに付けてそのままワインを注げる便利ものもありました。
 
かわいい!ボトルキーパーです。リビングに置いておいてもいいかも
 

置賜地方の特産物もたくさんありました。お気に入りのワインは見つかったかな?

 
         
 ■■■■ 高畠ワインについて、お話を聞きました ■■■■

Q.

高畠ワインの創業は何年ですか?
 
広報の志田宏美さん。たくさんのお話をしてくださいました!





A. 1990年です。今年で15年になります。 山形のワイナリーは小規模な家族経営が多く、大きな規模ではじめたのは当社が早いほうだったのではないでしょうか。
Q. 原料のぶどうは、もちろん高畠産ですか?
A. はい。ほとんどは地元高畠町の契約栽培の方々にお願いしています。わずかですが、当社の敷地内で栽培しているものもあります。高畠町はぶどう作りに適した環境にあるので、毎年本当においしいぶどうができるんですよ。
Q. 栽培はすべて農家の方々にお任せしているんですか?
A. 基本的にはお任せしていますが、品質管理のため、担当者が頻繁にお邪魔しています。収穫の時期が近づくと、ぶどう畑にいる時間の方が多いくらいです。
Q. 食べるぶどうとワインのぶどうは同じなんですか?
A. デラウェアなどは同じですが、食べるものと比べ粒が小さく、甘さとうまみが凝縮しているぶどうが使われます。ワインに使われるぶどうはほんとうに美味しいですよ。
Q. こちらのこの時期オススメのワインを教えてください。
A. 発売2年目になりますスパークリングワインです。嘉スパークリングは和食を意識して作っています。嘉スパークリング〔ロゼ〕は、すきやきととてもよく合います。おせちにもおすすめですよ。嘉スパークリング〔シャルドネ〕は、どんな料理にも合いますが、ケーキなどのデザートと食べるのもオススメです。
Q. スパークリングワインに「嘉」の文字はめずらしいですね。
A. じつは当社の製造責任者の名前の一文字をつかっているんですよ(笑)
それから、「まほろばの貴婦人」が品質を工場してラベルも新しく生まれ変わりました。こちらも是非よろしくお願いします。


高畠ワイナリー   ホームページはこちら

高畠ワイナリーでは年末年始をのぞき、年間を通して無料で見学が可能です。また、毎年ゴールデンウイークには「スプリングフェスタ」が、10月上旬には「収穫祭」が行われます。

山形県高畠町大字糠野目2700-1
電話:0238-57-4800
見学・試飲:工場見学・試飲無料
営業時間:9:00?17:00


有限会社 大浦ぶどう酒   ホームページはこちら

この時期のオススメワインは美白濁(びはくだく)です。発酵終了後のにごりワインをろ過せずに、そのまま瓶に詰めました。冬季限定です。中口なので、鍋料理、寒鱈汁に良く合います。

山形県南陽市赤湯312  電話:0238-43-2056
見学・試飲:見学可能(要予約)  営業時間:9:00~18:00


有限会社 酒井ワイナリー   ホームページはこちら

時期を問わず通年でオススメなのが「バーダップ樽熟成(赤)・(白)」です。特に赤は、米沢牛に良く合います。牛の煮込みや煮込みハンバーグなど、比較的こってりしたお料理に良く合います。

山形県南陽市赤湯980  電話:0238-43-2043
見学・試飲:可能  営業時間:8:00?20:00


有限会社 佐藤ぶどう酒   ホームページはこちら

オススメのワインは「ナイアガラ」です。甘口なのでとても飲みやすく、食前酒もしくは食後にお楽しみいただくといいと思います。比較的アルコール度数が低いので、ご家族皆さんでどうぞ。

山形県南陽市赤湯1072-2  電話:0238-43-2201
見学・試飲:見学可能(要予約)、試飲無料  営業時間:8:30~17:00


須藤ぶどう酒工場   ホームページはこちら

通年でオススメなのが「赤湯ワイン(赤)・(白)」です。白は焼き魚や刺身に、赤は肉料理によく合います。すべての工程を家族の手だけで行い、とことん手作りにこだわったワインをお楽しみください。

山形県南陽市赤湯2836  電話:0238-43-2578
見学・試飲:見学可能(要予約)、試飲無料  営業時間:8:30~日没まで


浜田株式会社   ホームページはこちら

この時期オススメは「2006年ビンテージ」です。限定生産ですので詳しくはお問い合わせください。また、通年でオススメなのが「モンサン米沢(赤)・(白)」です。家庭料理に合うように作りました。お値段も手ごろなので、日常気軽に飲んでいただきたいと思います。

山形県米沢市窪田町藤泉沖943-1  電話:0238-37-6330
見学・試飲:不可  営業時間:8:00~18:00


JA庄内たがわ 月山ワイン山ぶどう研究所   ホームページはこちら

地元で自生する山ぶどうを使ったワイン作りが始まりの当農協オススメは、やはり「月山ワイン・山ぶどう酒」です。山ぶどう100%で、甘口の昔なつかしい味のするワインです。低アルコールなので、皆さんでお楽しみください。お漬物にも合いますよ。

山形県鶴岡市越中山字名平3-1  電話:0235-53-2789
見学・試飲:工場見学・試飲無料  営業時間:8:00~18:00


有限会社 朝日町ワイン   ホームページはこちら

当社オススメは「ツバイゲルトレーベ」です。2005年国産ワインコレクション銅賞、2006年山形セレクション認定ワインです。オーストリア原産の高級赤ワイン専用品種を厳選し、吟醸した赤ワインです。やさしい淡い色合い、まろやかで豊潤な味わいです。

山形県朝日町大字大谷字高野1080  電話:0237-68-2611
見学・試飲:工場見学・試飲無料  営業時間:9:00~17:00


月山トラヤワイナリー   ホームページはこちら

通年を通して「月山山麓ワイン」をオススメします。当社では、地元でとれた原料だけを使った、地場のワイン作りをしています。ワインも地元の料理に合うように作っております。

山形県西川町大字吉川79  電話:0237-74-4315
見学・試飲:要問合せ。試飲可  営業時間:9:00~17:00


天童ワイン株式会社   ホームページはこちら

辛口ワインがお好みのかたには「原崎シャルドネ」がオススメです。甘口がお好きな方には「ナイアガラ」、「わんだふる」が人気です。

山形県天童市大字高擶南99  電話:023-655-5151
見学・試飲:可  営業時間:9:00~17:00


有限会社 タケダワイナリー   ホームページはこちら

この時期のオススメワインは蔵王スターワイン(赤)と発砲ワインのドメイヌ・タケダ《キュベヨシコ》です。蔵王スターワイン(赤)はラム肉とよく合います。ドメイヌ・タケダ《キュベヨシコ》は生ハムとよく合います。

山形県上山市四ツ谷2丁目6-1  電話:023-672-0040
見学・試飲:要予約  営業時間:9:00~16:00

古くから山形で親しまれてきた郷土の味。年末年始の帰省で、懐かしい味を堪能する方もいるのではないでしょうか?
今回は、置賜地方の郷土料理が食べられる「掬亭」に立ち寄りました。
こちらは、スタッフのみなさんは地元の女性ばかりで、季節ごとの食材を使った、色鮮やかな郷土料理を毎日手作りしています。

 
 
■■掬  亭■■
     
 
中門造りの古民家を移築した掬亭。とっても絵になります。広い敷地も魅力です。
 
大きな窓で明るい店内。庭の木々が四季折々の表情をみせてくれます。
 
見て見て!囲炉裏発見。この奥のスペースがお気に入りの場所です。
 

「掬亭そば」を注文しました。色がとってもきれいでしょ!!
 
         
 
置賜地方の冬の郷土料理「冷や汁」。人寄りがあると作るものだとか。
 
手打ちのおそばです。毎日その日の分だけ打つそうです。シコシコつるつるで最高!
 
たくあん、赤カブ、おみ漬、そして晩菊。山形の冬はやっぱり漬物です。
 
高畠民族資料館としての顔も。古くて楽しい物があちこちにあります。

 

女将さんからメッセージ     ホームページはこちら
「1月?3月はお休みです。春になりましたら、是非おいでください。
庭の桜の木が見事です。」

山形県東置賜郡高畠町大字糠野目2017  電話:0238-57-3841
営業時間:11;00?(なくなり次第終了) 定休日;毎週火曜日 ただし1月?3月は休業
 
 


 
  県内外の自慢鍋が勢揃い!あなたならどれを食べる?
平成鍋合戦

日時:2007年1月14日(日)
場所:道の駅天童温泉 わくわくランド 多目的広場
(天童オルゴール博物館北側)
お問い合わせ:天童商工会議所/天童商工会議所青年部
電話:023(654)3511
江戸時代、将軍家に献上したそばを再現
寒中挽抜きそば賞味会

日時:2007年1月15日(月)
場所:天童市 アンジェリーナ
会費:お一人1000円
お問い合わせ:天童商工会議所
電話:023-654-3511
 

  大鍋で冬の日本海名物「どんがら汁」
酒田日本海寒鱈祭り

日時:2007年1月20日(土)?21日(日)
場所:酒田市 酒田市中心商店街
お問い合わせ:(社)酒田観光物産協会
電話:0234(24)2233
20の店が各店自慢の「寒鱈汁」を用意!
日本海寒鱈まつり(鶴岡冬まつり)

日時:2007年1月21日(日)
場所:鶴岡市 鶴岡銀座商店街特設会場
お問い合わせ:鶴岡銀座商店街振興組合
電話:0235(22)2202
 

  大鍋でつくるキジ汁で体の心までほっかほか。
新春キジ汁まつり

日時:2007年1月21日(日)
場所:鶴岡市 鶴岡銀座商店街特設会場
チケット:前売券1,000円、当日券1,200円
お問い合わせ:月山あさひ博物村
電話:0235(53)3411
遊佐町は鱈だけではなくふぐも入っています!
ゆざ町鱈ふくまつり

日時:2007年1月21日(日)
場所:遊佐町 遊佐町ふれあい広場(マルチドームふれんどりぃ)
お問い合わせ:NPO法人 遊佐鳥海観光協会
電話:0234(77)3331
 


Copyright(C)yamagata1 All Rights Reserved. 

[PR]