このページを印刷する

やまがた春探訪(2006年3月)


 
 
トップページ
> 特集・やまがた春探訪(2006/3)
 
 


県内にはさまざまな体験農業施設があります。
今回は春を求めて寒河江市の観光いちご園に行って来ました。
私達が訪ねた時期には、ビニールハウスの周囲はすっぽりと雪で覆われていましたが、室内は日差しがぽかぽかと暖かく、すっかり春真っ只中でした。

 
観光いちご狩り

その日のいちごの状況を見て、本日食べ頃のいちご園を紹介いたします。

【問い合わせ先】
JAさがえ西村山周年観光農業案内所
電話0237-86-1811 FAX0237-86-9922

【料金】(税込み) 30分間食べ放題
・3月20日?5月7日
大人(中学生以上)1260/小学生1050/幼児(3歳以上)840
・5月8日?6月上旬
大人(中学生以上)1050/小学生840/幼児(3歳以上)525

【営業時間】 午前10時?午後3時
【休園日】
毎週月曜日 但し、祝日の場合は翌日が休演日です。
 

●「いちごガーデン」
 チェリーランドから700メートル面積780坪のハウス内に20000株のいちごが栽培されています。

 
 
いちごガーデン」へはR112からこの看板を目印に。
 
12月から6月のシーズン中は、約6000人の観光客が県内外から訪れます。
 
30分の時間制限で、これまでの最高は30代女性の300個完食。スゴイ
 
オーナーの高橋庄次郎さん。土を使わない衛生的なロックウール栽培を行っています。
 
 
 
害虫駆除用の黄色テープは、もちろん人には無害です。無農薬栽培で安心。
 
紫とオレンジのヒラヒラは、いちごが深呼吸できる工夫なんですって。
 
これも虫をくっつける秘密兵器の1つ。おかげで生でも安心して食べられますね。
 
ミルク不要の、一度食べたらヤミツキになってしまう甘さ。リピーターも多いそう。
 
                 
 
どれどれ早速お味見。んー、確かに、あま?い!やめられませ?ん!
 
いちごの受粉はミツバチにお任せ。ハチの過ごしやすい自然環境づくりも重要。
 
1シーズンで8000匹のハチを3回交換し、朝6時から気温20度を維持するそう。
 
そのおかげで、見て下さい。この大きさ、色つやの良さ。ビタミンCもたっぷり。
 
 
 
イスラエル産「サンエンジェル」は加工用のいちご。可能性への挑戦がここにあります。
 
ハウスの片隅に並んだサボテンの鉢。「あら?花が咲いている」心づくしのいちごは甘くて嬉しい。
  ここで栽培されたいちごの一部は、近くのチェリーランドでシャーベットに姿を変えて、私達を待っている(?)らしい。
チェリーランド内「さくらんぼ会館」 で、いちごの行方を探してみると・・・

 
 
 
いちご狩りの予約は、ここ「さくらんぼ会館」 で!
 
館内では、大人気のアイスクリームが販売中。無農薬の素材使用で安心です。
 
職員さんが企画・開発をしているアイスクリーム。夏場は1日3000個も売れるとか。
 
2色で1個280円。さくらんぼ味は、ほどよい酸味が甘さを引き立てています。
 
                 
 
この「かち栗」は、黄色い栗がごろごろ入っていて、食感も大満足。店員さんのオススメ!
 
いちご園のいちごシャーベットを発見!凝縮されて濃厚な味。ん?美味しい。
 
アイスクリームは宅配サービスもありますよ。
     


さてさて、お次は「ストロベリーファーム」。
寒河江インターから500m、面積1380坪のハウス内に50000株のいちごが栽培されています。
 
R112を走ると、すぐに看板が。その奥に棚引く、ピンクの旗が目印。
 
「溶液を流して育てるいちごは衛生的で甘さが違う。誰もが安心して食べられる」と従業員の皆さん。
 
「本当に良いものを作ってリピーターを増やしたい。」とオーナーの武田浩さん
 

従業員が女性ばかりなので、小さな子どもさんがいても安心です。
 
 
 
今年は重油代が例年の6割増しだったとか。大切に守られてきた苺がたわわに。
 
ミツバチがさかんに動きまわっています。4?5月は小学生が遠足に訪れます。
 
いちご栽培で大変なのは夏の暑さだそう。真夏のハウス内での作業がこの上なく暑い?
 
完熟いちごを使って作ったジャムも並んでいました。美味しさがぎゅっと詰まった春のジャム。
 
 
 
こちらではハウスの外でポニーを飼っていました。あっ、寄ってきたよ。
 
優しいひとみがこちらを見つめています。「またきてね」って言ってるのかな?
         

●他にもあるよ!山形県内のいちご園情報はこちらをクリック
山形への旅http://www.yamagatakanko.com/cgi-bin/event.cgi?m=2&a=&id=794


 いちご狩りの時間がない方には、こちらをオススメ!
 
 ・・・いちごの足取りを求めて近くの直売所を訪ねてみました。
「JAファーマーズマーケット」

電話 0237−86−3187
営業時間 午前9時?午後6時
定休日 日曜日
   
 
寒河江市駅前にある「JAファーマーズマーケット」。
 
こちらが入り口です。朝9時から夕方6時まで営業しています。
 
商品を出荷している会員リスト。生産者の顔が見えるのは嬉しい配慮ですね。
 
自然卵の養鶏場の様子を、細やかに紹介した写真も。
 
 
 
ありました。「いちごガーデン」のいちご。やはりここでも売れ行きは好調!
 
新鮮な野菜を求めて、1日約100人のお客様がみえるそうですよ。
 
アスパラ菜も美味しそう!無農薬の小松菜は、この近辺のハウスで採れたもの。
 
この店の売りは農家のお母さん手作りの加工品。懐かしい故郷の味です。
 
 
 
最近大人気の、黒豆のシフォンケーキがこれ。おいしそう?。
 
凍み餅もあります。「ご近所の方が沢山来てくれるのが有り難い」。
 
地元の「なす干し」も。昔ながらの伝統料理に欠かせません。
 
紅花入りのたくあん漬け。「農家の方の手作りで、よく売れているんですよ」
 
 
 
「これ、どだえすっど良いなだ?」「ああ、それだったら・・・」
 
---------------------------------------------------------------

この直売所は、平成14年12月にオープンして3年が過ぎました。手作りの良さがお客様に浸透しているようです。「訪れる人、1人1人を大切に考え、コミュニケーションを図るように心がけている」という従業員さん。調理方法まで教えてくれるそうです。野菜を買うだけじゃなく、いろんな楽しみ出会えるのが、産直の店の良い所ですね。

---------------------------------------------------------------
 

●県内各地の直売所はそれぞれ個性ゆたか。新鮮な春を探しに訪ねてみてはいかがですか?
ゆとり都山形産地直売所http://www.gt-yamagata.com/yellow/sanchi.html

 

毎年きれいに咲く桜だけど、誰が育ててるのかな……と思ったことはありませんか?
いつも私達の心を和ませてくれてありがとう、そんな気持ちを込めて、「桜のためにできること」始めてみませんか?


美しい山形・最上川フォーラム事務局
〒990−8570
山形市松波二丁目8−1
(山形県文化振興課県民活動推進室内)
電話023−630−2284
FAX023−624−9908
E-mail info@mogamigawa.gr.jp
山形県内には、美しい桜の名所や巨木がたくさんあります。
桜の巨木全国10位の中に、長井市の久保桜、草岡の桜の2本がランクイン。これは全国トップレベルの証でもあります。
この素晴らしい財産を、もっともっと全国に情報発信していこう!県民、地域、行政が一体となって更に美しい桜街道を作り上げていこう。そんな取り組みが県内各地でスタートしています。


村山市大久保地域は、以前は養蚕が盛んで、地内「北山」には桑畑が広がっていました。
平成16年「ここに桜を植えよう、村山市桜回廊を作ろう」という市民の声が発端となり、約4haにも及ぶ敷地内の下刈りが地域住民全戸参加で行われました。その数1000人。600本の桜の苗木を植えました。
まもなくして、その維持管理を行う桜育成管理協会も発足。「みんなで育てていこう!」という熱い思いが、桜の樹の下で今もすくすくと育っています。
HPでもその様子をご紹介しています。(夢の桜街道?さくら物語?第4号より)
http://www.mogamigawa-sakurakaido.net/pdf_dl.html


 
平成14年度から「身近な水質の健康診断」を行っています。参加申込の詳細は後方にてご案内しています。
 
平成16年度は1060人が参加。回を重ねるごとに大盛況な結果となっています。報告書はHPでチェック。
 
会の運営、準備に至るまで住民自らが積極的に進めています。地域を良くして行こう。そんな思いが伝わってきます。
 
よりよい自然環境を保つための学びや情報交換は、貴重な時間。皆さんとても真剣です。
 


  「最上川 夢の桜街道」…みなさん、ご存知ですか?
最上川をはじめとした河川空間に、新たな桜の名所を創ろうという取り組みとともに、桜の保全に努めています。

「最上川 夢の桜街道」のホームページ では、この取り組みのご紹介のほか、桜の種類や生い立ちなど知って楽しい情報も満載!もちろん各地の見どころも詳しくご紹介しています。

●山形県内の桜情報
最上川夢の桜街道http://www.mogamigawa-sakurakaido.net/index.html
最上川ふれあい情報館http://www.mogamigawa.gr.jp
やまがた花めぐりhttp://www.yamagatakanko.com/flower/fl_spr.html

●桜のほかにもたくさんある!巨木について調べてみよう
最上の巨木 ≪会員募集中≫http://mogami-kyoboku.sca.ac.jp/

いちご と さくら のイベント情報
   
●第3回夢の桜街道写真コンテスト 作品大募集

テーマ
①桜を中心に、水辺(川・海・湖沼等)又は山が含まれる作品
②山形県内で撮影したものに限ります。

応募について
① 応募サイズは4つ切り。ただし、高校生以下の部はキャビネ判でも可。※デジタルカメラで撮影した作品についてはA4判、光沢紙使用。
② 応募方法:専用の応募用紙に必要事項を記入し、写真裏面に貼付のうえご応募ください。
応募締切:平成18年5月31日(水)(必着)

各賞
最優秀賞/1点 賞状及び賞金10万円 優秀賞/2点 賞状及び賞金3万円
入選/10点 賞状及び賞金1万円 佳作/数点  賞状及び賞金3千円
高校生以下の部入選/5点 賞状及び図書カード(5千円相当)

応募・お問い合わせ先 
美しい山形・最上川フォーラム事務局
〒990−8570 山形市松波二丁目8−1
(山形県文化環境部文化振興課県民活動推進室内)
電話023−630−2284 FAX023−624−9908

 
   
●身近な川や水辺の健康診断に参加しませんか

◎県民の皆さんと関係行政機関が協力して、身近な川や水路、沼など水辺の環境調査を行う「身近な川や水辺の健康診断」を県内各地で一斉に行います。
◎ 参加される皆さんには、調査に必要な器材(パックテスト)や手引きなどを提供します。
 どなたでも、お気軽にご参加ください。
 日程、詳細等については上記「美しい山形・最上川フォーラム事務局」までお問合せ下さい。

 
   
●美しい山形・最上川フォーラムに参加しませんか

ボランティアやNPO活動をしてみませんか?
美しい山形・最上川フォーラムでは、最上川や県内河川の大切さや素晴らしさを見つめ直し、これを活かした、美しい山形づくりを進めています。
私たちの財産である最上川を、全国そして世界に誇れる姿で次の世代に引き継いでいきましょう。

【入会するには・・・・】
入会資格 会の趣旨に賛同いただければ、個人・法人・団体の別を問いません。
年会費 個人会員1千円(1口)、法人及び団体会員3千円(1口)
詳細についてのお問合せは、上記事務局までお願い致します。

 
   
●いちご園と合わせてプランをどうぞ!体験イベントのご紹介

◆バラ風呂
期間:4月?12月 人数:20名以上 入園料:予約制\4000? 条件:昼食、税込み
◆体験そば打ち
期間:(さくらんぼ期間を除く)通年 人数:最高150名 料金:1人¥2000
◆体験餅つき
期間:通年 人数:最高200名 料金:1人¥1500
◆つる細工
期間:通年 人数:20名以上 料金:1人¥1500?

【問い合わせ先】
JAさがえ西村山周年観光農業案内所 電話0237-86-1811 FAX0237-86-9922
 

[PR]