このページを印刷する

スローライフ入門編(2005年9月)

 
トップページ
> スローライフ入門編(2005/09)
 
スローライフ
     
 
 
 ●レポート  スローライフ体験  
 
親子で楽しめる、身近なスローライフをyamagata1特派員伊藤が体験してきました!
 ・藍染め
 ・木工クラフト
 ・ハケゴを編む
 ・山里を歩く
 
 ●レポート ダッチオープン的スローライフ
 
ダッチオーブンってご存知?スローフードに詳しいお二人に、特派員松岡がお話を聞いてきました。
ダッチオーブン選び
 ・おいしい、楽しい、スローな食卓
 ・Let's スローライフ
 
 
 
 ●  スローライフ体験情報  
特派員おすすめの、スローライフを味わえるイベントをご紹介します。

 
 
   最近よく耳にする「スローライフ」という言葉。人によって捉え方はまちまちで特定された定義はない様ですが、まとめると「自らの心と、物を大切に思い、急がない生活に帰ること」…こんな意味になりそうです。農村に移住して昔ながらの生活をする事がスローライフの全てではありません。ほんのちょっとだけスローライフに興味のあるあなたも、存分に楽しめる体験が、ここ山形では豊富に揃っています。  
 
   
西川町の県立自然博物園・・県立自然博物園で活動を続けている親子クラブに参加して藍染めにチャレンジしました。
※今回の藍染めは親子クラブの年間活動行事の一環として行ったもので常時体験できるものではありません。藍染めの体験情報は下欄「体験情報」をご覧下さい。

 
 
 
これが生の藍です。一見してただの緑色の葉っぱ。今回はこれを発酵させた物を使います。
 
絞りの模様が出る様に大豆と輪ゴムを使って布を縛っていきます。仕上がりを想像しながらの作業は楽しい♪
 
大豆だけじゃなく割り箸や紐も使って縛りまくりました。でも、ちょっとやりすぎたかな・・?
 
染める前のTシャツです。輪ゴムで縛ったところが分かりますか?。どんな模様が出てくるかしら?
 
 
 
水飴と発酵した藍、泡盛を混ぜ合わせます。食べ物を入れるなんて驚き!
 
中和剤になるハイドロ、ソーダー灰をぬるいお湯に溶かしたものを加えます。液体が渦まくほどしっかり混ぜると泡が出てきて白っぽくなります。
 
Tシャツを沈め10分待った後、空気に触れさせながら何度もすすいでいきます。氷酢酸を水で薄めたものに浸したら完成。
 
美しい藍色に染まりました。模様もしっかり出ています。感激!
 
 
 
   
金山町の遊学の森にて木工クラフトにチャレンジ!廃材に新たな命をふき込もう。ブナやナラの木を使って自ら作った椅子は温もりがあって森林の香りがしました。
 
 
 
まず、使う木を選ぶことから始めます。ブナにしようか、白樺もいいなぁ・・
 
ノコギリなんて使ったこと無いよ?と嘆きつつも、引いてみると意外に楽しい♪
 
難しいところは、森の案内人のおじさんが手伝ってくれます。今は、便利な道具があるのねぇ・・楽チン楽チン。
 
だいぶパーツが出来てきましたよ。形が見えてきてだんだん嬉しくなってきた!
 
 
   
この日の完成作品がこれっ。世界にひとつだけの私専用のVIP席が誕生しました。もちろんたくましい(?)私が腰掛けても全然へっちゃらです。
 
 
 
   
この秋は自作のハケゴを持って、紅葉の下できのこ狩りをしませんか?
 
 
 
最初に底の部分を作っていきます。慣れないので難しい。ゆっくり丁寧に教えてもらいました。
 
側面を編んでいくうちに、だんだん慣れてきて面白くなってきました。時間がたつのも忘れて夢中で編み続けます。
 
いよいよ最後の手直しです。編み目がおかしいところは無いかな?あ?もうすぐ、もうすぐ出来るぞぉ!
 
完成。やったぁ♪よぉし今年の秋は、このハケゴいっぱいに、きのこを採るぞ。山菜取りの催しもチェックして行こうよ。


 
   
初秋の風に吹かれながら森林を歩いてみませんか?
 
 
 
 
この草、何だか分かりますか?昔、ミノの材料にもなったスゲです。軽くて丈夫な素材だったそうです。
 
これがミノです。雨の日には、大きなかさを被りミノを着て作業したそうです。昔話にも出てきますね。最近は作れる方も減っているそうです。継承していきたい技ですね。
 
草が生い茂っていたので、教えてもらいながら「下刈り」に挑戦しました。根元の草を刈りる事で丈夫な樹が育ち、良い森ができるそうです。最近はこうした作業が成されなくなって山が荒れてきています。
 
汗を掻いての作業でしたが、森を守っているんだなぁという満足感で、心晴れ晴れ、気分爽快です。樹木もさっぱりして気持ち良さそう。
 
 
 
緑豊かな森林と荒々しい岩肌を見せる竜馬山、清流の流れに足を浸して深呼吸。ヒグラシの鳴き声も谷間に共鳴しています。心が満たされるひとときです。
 
川で泳ぐ子供達の姿が・・・カジカが泳ぐ澄み切った流れに感動!
 
こちらは蔵王山にて見つけた、渡りをする蝶「アサギマダラ」の群れです。遠くは台湾にまでも渡っていくのが確認されています。綺麗
     
 
 
 
  ダッチオーブン的スローライフ

最近注目の「ダッチオーブン」。煮る、蒸す、炊く焼く、揚げるとなんでもできるうえ、あっという間に料理ができる。おまけに素材のうまみが引き出された、おいしい料理ができる。松岡的「スローライフ」の手はじめは「ダッチオーブン」をつかって、「スローな食卓」を体験することにしました。
 
 
 
★ダッチオーブン選び★

 
「オンザウェイ」のマスターが米沢市の鷹山大学でダッチオーブンの講座を開いていると知り、早速伺いました。
 
「オンザウェイ」オーナーの遠藤正明さんです。よろしくお願いしまーす。
 
アウトドアが年に数回の方なら、キッチンでの使い勝手で選んだ方が絶対おとくです。」ふたがフライパンとしても使えるコンボクッカー。遠藤さん一番のおすすめです。けっ、けっこう重い…。
 
 
 
サービングポット。「ちょっとした煮物、揚げ物に最高です。」これは扱いやすい!ふたのブツブツが蒸気をうまくまわしてくれるそうです。
 
これもファンの多い「スキレット」。「焼き物が最高で、いわしににんにくとパン粉をふりかけてこれで焼くと、うまいですよ?。」
 
★おいしい、楽しい   
    スローな食卓★


 
さっそく仲間を呼んで試食会を開きました。野菜はメンバー自家製。お肉も、いつもよりちょっといいものに…♪
 
 
 
今日のメニューは遠藤さんに教わった、「鳥もも肉と野菜の焼き物」「ラタトゥーユ」。それから「卵のフリッタータ」と「山菜おこわ」も。
 
「ラタトゥーユ」です。温めた鍋にオリーブオイルと野菜をきざんでいれるだけ!ふたをして20分。その間はおしゃべりも弾みます。
 
みてみて!これ全部野菜の水分です。塩、こしょうだけでもとってもおいしい。
 
「お肉がやわらか?い。」「にんじんってこんなにおいしかった??」どの料理も調味料ほとんどなし。でも素材のうまみがた?っぷり!
 
 
  ..★ダッチオーブン的スローライフ。体によくておいしいものを食べるだけではなく、ゆっくりとくつろぎ、食事を
   楽しめたことが大きな収穫。これこそがスローライフ、と感じた一日でした。みなさんもいかが?..
 
 
「オンザウィエイ」

米沢市中央5−3−17
不定休  10:00?20:00
電話 0238−24−5025
※ 9月末「オンザウエィ」奥座敷にてスープカレーの店「らぁじゃ」開店予定!
  ダッチオーブン料理も検討中。お楽しみに!
※ ダッチオーブン購入の際にはお店に在庫をお問い合わせください。

 
 
 
   


「スローライフ」という言葉も、最近では珍しくなくなってきています。しかし、考え方には共感できても、実践するのはなかなか、というのが現実のような気がします。 「スローライフ」を始めて20年という、山形市内のカフェ「Espuresso(エスプレッソ)」のマスター高橋昌平さんから、メッセージをいただきました。
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「私たちはとても便利な時代に生活しています。でも、その中でどこか居心地の悪さを感じています。
 不便だけれどすこし前の時代のほうがよかったな、というような。

 食事の時、テレビを消して会話を楽しむとか、蛍光灯の明かりをやめて、柔らかな電球の光を楽しむといった、身近で自分が心地よいと感じる事を実行すればいいのではないでしょうか。
「スローライフ」は苦行ではなく、便利なものはあるけれど、わざわざ心地よいものを選んで楽しむという、いわば心の余裕だと思うんです。」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 電話に会話を中断されることのないおだやかな空間。
 高橋さんのお店は、川風と時間がゆったりと流れる場所でした。

 
 
「Espuresso(エスプレッソ)」

山形市小白川5−18−12(馬見ヶ崎川沿い)
火曜日定休  11:00?19:00   電話 なし

 
 
 
 


暮らし考房(藍染め)
http://www.vega.ne.jp/~kaneyama/taiken/kurashi_m.html
場所 最上郡金山町杉沢地内
問合せ TEL:0233−52−7132 FAX:0233−52−7132 栗田和則さんまで 
期間 7月から10月まで  所要時間 半日コース9:00?11:30 体験料金 500円+材料費(実費) 
要予約 20名まで  服装 汚れてもよい服装


遊学の森(木工クラフト,きのこ狩り,ハケゴを編む,下刈り体験)
http://www.vega.ne.jp/~yugaku/
場所 最上郡金山町有屋
問合せ TEL:0233-64-3305 FAX:0233-64-3306
E-mail: yugaku@cello.ocn.ne.jp

<クラフト>
開設日 平成17年4月?平成18年3月の毎週土曜・日曜日及び祝祭日
時間 半日コース(90分)?1日コース(180分コース)
受付 午前の部 10:00?スタート 午後の部 13:00?スタート
利用料 創作物により若干の材料代をいただきます。(\100?)  
服装 内履きをご準備下さい。

<きのこ狩り>
「山の宝を味わおう」 内容 きのこ狩りと調理法講座、交流会有り
日時 10月15日(土) 午後1時受付開始 ?16(日) 午前11時30分終了 対象は小学生から
参加料 1泊の場合:大人6500円 子供5500円  日帰りの場合:大人1500円 子供1000円
定員 限定15名(先着順)

<ハケゴ作り><下刈り体験>については直接お問合せ下さい。


むらやま元気塾市民委員会事務局(スローフード)
場所 村山市中央  問合せ TEL:0237−55−2111(内線332)
E-mail : manabisports@city.murayama.lg.jp

「スローフードを楽しもう ?村山の風土と食文化?」
受講料:2000円(1回だけの受講は1000円)  ※詳細はお問合せ下さい
開催日:内容:場所 
 9月24日 : 保健センター     スローフード入門、ローズヒップを使った料理を作る
10月13日 : 農村環境改善センター スローフードで病気予防
11月12日 : 保健センター     未来に伝えたい「村山の郷土料理」を作る
12月    : 農村環境改善センター 「こだま工房」のどぶろくとスローフード
 3月 4日 : 村山市民会館     食と美の時間(バーバラ寺岡氏の講座)


ふれあい農業体験(農業体験)
問合せ:酒田市観光物産課「ふれあい農業体験」担当係

<体験稲刈り> 連絡先:平田町役場企画課観光物産係 TEL:0234-52-3111
実施日:9月中旬 
料金:1泊2日コース 大人13000円 子供8000円 /1日コース 大人2000円 子供1000円

<干し柿作り・せんべい作り>
連絡先:荘司和子0234-94-2621  実施日:通年 料金:1000円


 
 

[PR]