このページを印刷する

過去の開催報告

これまで開催された「食の甲子園」の作品集や募集要項、写真などを掲載しています。参考までにご覧ください!
過去の開催報告
2005年に「おいしい山形の食と文化を考える会」活動スタートし、第1回「食の甲子園やまがた大会」を開催。また、食事時の作法等を学ぶアフターイベントを開催しました。
「食の甲子園やまがた大会〜プレ南東北大会〜」では、宮城県、福島県から1校ずつ参加し、合計12校15チーム15レシピが決勝に進出しました。また、佐藤松兵衛商店と連携し、第2回大会最優秀作品をモチーフに悪戸芋を使ったお菓子を開発・試販しました。
これまで秋に開催してきましたが、今回は春〜初夏の食材を活用して「食の甲子園」を実施しました。
第3・4回に引き続きプレ南東北大会として位置づけられ宮城県と福島県から2校に参加いただきました。また、平成22年秋にデビューする山形の新しいお米「つや姫」を決勝大会出場団体で、お米の使用を希望する団体に提供し、お米を使用するすべての団体で「つや姫」を使用いたしました。
高校生が、食材の生産者、地域の人々や料理人と連携して、地域の食と文化を学び、新しいアイディアを競うコンテストです。平成22年10月31日(日)に決勝大会がおこなわれました。
今年も、高校生が地域の生産者や料理人等と連携して地元の食材や食文化を学び、新しい料理のアイディアを競うコンテスト「食の甲子園inやまがた全国大会2012」を開催します!
今年も全国の高校生たちが、郷土の食を競い味わいました!全国大会は平成23年11月26日(土)に開催されました。

おすすめ情報

[PR]