このページを印刷する

きものアトリエ「のあ」主催プロジェクト(履歴)

タイの女性たちがまごころを込めて一着一着手作りした手紡ぎ、手織り草木染めの服「うさと」
身につければ心地よくきっと何かが伝わるはず・・・
タイの女性たちがまごころを込めて一着一着手作りした手紡ぎ、手織り草木染めの服「うさと」
身につければ心地よくきっと何かが伝わるはず・・・
漆器、家具、玩具・・・。ほんの少し前までの日本では、身の回りの品物が使い捨てられることはほとんどありませんでした。
「和」の品々には、自然を大切にし、環境を考えた想いが実はこめられているようです。今の時代、日本の伝統品を見つめなおしてみませんか?
カメラを通してお二人の先生方から語られる言葉は心を伝えるものであります。カメラの操作等の技術に留まらない精神性は着物を着るときのそれに通じるものがありそうです。そんな話をじっくりとお聴き出来るように、先生方を囲んでの食事会とお酒の席も用意しました。
2008年4月7日

[PR]